宇治茶とこだわり食品の専門店 京都宇治ヤマサン

ヤマサンBLOG

TOPICS

今年の夏はカテキンで乗り越えよう!!

2016年07月25日

IMG2233

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い日が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか??
京都は例年のごとく、いや今年は例年以上に暑い日が続いております。近所では夏休みに入った小学生が暑いこともお構いなしに、遊んでいる姿を見かけます。また、この暑さの中でも京都宇治には海外からの観光客の皆さんに沢山お越しいただいており、大変感謝しております。

ところで皆さん暑さ対策はどのようにされていますか?熱中症はもちろんのこと、エアコンが効いている部屋に長くいることで、身体がダルくなることや、夏風邪にも注意が必要です

■温かい飲み物で調整することが大事です

暑~い時はどうしても、キンキンに冷えた飲み物で喉をうるおしたくなります。しかし、冷たい飲み物は胃液を薄めたり、胃の働きが弱めてしまいます。そしてこれが夏バテの原因だとも言われています。冷房を付けっぱなしの部屋や長時間いる仕事場などのエアコンが効いている場所では、身体が冷えている分、温かい飲み物を飲むことが大事です。身体の内側と外側のバランスを調整することが大切になります。夏バテ防止のためにも、身体が冷えた場所では温かい飲み物を選ぶようにしましょう。

IMG_0050

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■緑茶は夏バテに効果が期待できる

夏バテ防止には体温調整がとても大切です。そこでススメする飲み物が緑茶なんです。緑茶にはカテキンによる抗菌作用やカフェインによる脂肪燃焼作用、そしてなによりも汗をかくことで体内の温度調整が可能になります。汗は、汗をかいて汗が蒸発する時に、一緒に身体を冷やしてくれるます。冷房で身体を冷やすことも大事ですが、冷房に頼りすぎないことが大切です。

IMG_2082

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■カテキンを摂取するなら70~80度がおススメ
そんな緑茶の主な栄養であるカテキンは、70~80度ぐらいの温度が溶け出しやすい温度帯だそうです。夏の暑い時期に・・・と、思われるかもしれませんが、カテキンをしっかり摂取するなら、夏場でも熱めのお茶を飲むのが効果的です。

実は暑い夏こそ、冷房で身体が冷えがちです。夏バテを防止するには、体温調整がとても大切です。冷えた身体を暑い飲み物で調整することが自己管理の秘訣かもしれませんね。もうすぐ、8月です。夏風邪、夏バテ防止に緑茶をお試しされてはいかがでしょうか?

_DSC4236

カテゴリー | ヤマサンBLOG

株式会社ヤマサン

〒611-0021 京都府宇治市宇治壱番67

0120-31-4700

受付時間:平日9:30~18:00/第一月曜定休