宇治茶とこだわり食品の専門店 京都宇治ヤマサン

ヤマサンBLOG

TOPICS

花粉対策の強い味方「べにふうき緑茶」

2018年01月9日

新年明けましておめでとうございます。

今年も皆様のお役に立つ情報を発信していきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

さて、1月になり、そろそろ気になりだすのが「花粉」です。

日本気象協会が発表した「2018年 春の花粉飛散予測」を見ると、

東北や関東甲信、四国などで前シーズンの1.5倍以上の花粉が飛散するなど、昨年以上の花粉症対策が必要になってくるとのことです。

今年は、2月上旬から九州や中国、四国、東海、関東地方の一部で花粉シーズンが始まる見込みです。

特にスギ花粉は、飛散開始前からわずかに花粉が飛び始めるとのことですので、

2月上旬に飛散が予測されるところにお住まいの方は、1月から対策をしておくと安心です。

 

ということで、今からできる簡単な対策のご紹介です!

 

それは……、

毎日飲むお茶を「べにふうき緑茶」に置き換えるだけ!

お飲みいただいた方から、毎年多くのお喜びの声をいただいています。

(→ヤマサンBLOG:知る人ぞ知る「べにふうき緑茶」

 

◆「べにふうき」って?

べにふうき」はお茶の品種名で、実は元々紅茶用に栽培されてた品種です。

緑茶や紅茶の違いは、お茶の葉っぱを乾燥・発酵させてお茶を作るときの発酵度合いによります。

発酵の度合いの差で、緑茶、ウーロン茶、紅茶などさまざまな種類のお茶になるんです。

 

元々は紅茶用の品種のべにふうきを、緑茶として加工することで、

抗アレルギー効果のあるメチル化カテキンが多く含まれることがわかりました。

この「メチル化カテキン」は一般的によく飲まれている「やぶきた」には含まれていません。

 

◆効果的な飲み方って?

べにふうき緑茶に含まれる「メチル化カテキン」は煮出すことでたっぷりと抽出されます。

沸騰したお湯500mlに1包を入れ、5分ほど煮出すのがベスト。

煮出したらポットなどに入れて1日2回以上お飲みいただくと効果的です。

寒い今の時期には、保温のできる水筒に入れておくと持ち運びもできて便利です。

 

もっと効果的に!

★お茶の成分が沈殿しますが、大切な不溶性成分ですので残さずにお飲みください。

すりおろし生姜を耳かき1杯くらい入れると、アレルギー軽減効果が増強されます。

生姜はぽかぽかと身体をあたためてくれますので、ぜひお試しください。

鹿児島県産 べにふうき緑茶(2g×30包)

※5月中旬までの期間限定商品です。お早めにどうぞ!

美ら島 黒糖しょうがぱうだー(200g)

 

参考:日本気象協会(tenki.jp

 

ヤマサン企画 マル

カテゴリー | ヤマサンBLOG

株式会社ヤマサン

〒611-0021 京都府宇治市宇治壱番67

0120-31-4700

受付時間:平日9:30~18:00/第一月曜定休