宇治茶とこだわり食品の専門店 京都宇治ヤマサン

ヤマサンBLOG

TOPICS

明日の朝食は七草粥

2018年01月6日

こんにちは。そらです。

明日(1月7日)の朝食は、今年1年の無病息災を願って、七草粥を食べましょう。

春の七草といって、七草粥を食べる1月7日は,
人を大切にする「人日(じんじつ)の節句」という五節句のひとつです。

 

ところで、七草粥の具材になる「春の七草」は、すべてご存知でしょうか?

「ほとけのざ」・「ごぎょう」・「すずしろ」・「はこべら」・「せり」・「すずな」・「なずな」

それぞれの持つ意味と、主な効果は・・・

  • 仏の座(ほとけのざ)=「仏の安座」
    一般的に、子鬼田平子(こおにたびらこ)を指します。
    胃を健康にし、食欲増進、歯痛にも効果があります。

 

  • 御形(ごぎょう)=「仏体」
    母子草(ハハコグサ)のことです。
    痰や咳に効果があります。
    のどの痛みもやわらげてくれます。

 

  • 蘿蔔(すずしろ)=「汚れのない清白」
    大根のことです。
    風邪予防や美肌効果に優れています。

 

  • 繁縷(はこべら)=「反映がはびこる」
    はこべとも呼ばれます。
    昔から腹痛薬として用いられており、胃炎に効果があります。
    歯槽膿漏にも効果があります。

 

  • (せり)=「競り勝つ」
    解熱効果や胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、
    食欲増進、血圧降下作用など、様々な効果があります。

 

  • (すずな)=「神を呼ぶ鈴」
    蕪(かぶ)のことです。
    胃腸を整え、消化を促進します。
    しもやけやそばかすにも効果があります。

 

  • (なずな)=「撫でて汚れを除く」
    別名をぺんぺん草といいます。
    利尿作用や解毒作用、止血作用を持ち、胃腸障害やむくみにも効果があるとされています。

 

七草には体にいい効果がたくさん含まれていますね。

そんな七草を使った七草粥は、飲んだり食べたりで疲れているお正月明けの胃腸にもやさしい食べ物ということが出来ます。

年末年始に食べ過ぎちゃった…飲みすぎちゃった…風をひいてしまった…っという方も多いのではないでしょうか?

明日は「日曜日」っということで、今年は私も、日本の行事食をゆっくり味わってみようと思います♥

カテゴリー | ヤマサンBLOG

株式会社ヤマサン

〒611-0021 京都府宇治市宇治壱番67

0120-31-4700

受付時間:平日9:30~18:00/第一月曜定休