宇治茶とこだわり食品の専門店 京都宇治ヤマサン

ヤマサンBLOG

TOPICS

宇治十二景をめぐる part.4「朝日靄暉」

2018年01月23日

こんにちは、マルです。

昨日は全国的に冷え込み、宇治でも急に真冬にもどったかのような一日でした。

雨が降った次の日、晴天の早朝に見られる、宇治川の冬の景色があります。

それが、今回ご紹介する宇治十二景「朝日靄暉(あさひのあいき)」です。

宇治橋からの眺め。左手側奥が朝日山です。

 

「朝日」は日の出と朝日山と掛けており、「靄暉」はもや(霧)のこと。

朝日靄暉は宇治川の朝霧のことで、

けぶる朝霧の中に浮かび上がる朝日山と太陽が、たいそう美しく映える情景が目に浮かびます。

 

朝日山は、古くは万葉集にも詠まれている歌枕です。

 

新古今和歌集には、

麓をば 宇治の川霧 立ちこめて 雲井にみゆる 朝日山かな(藤原公実)

と詠まれています。

 

この「朝日靄暉」は、前日に雨が降り、ぐっと気温が冷え込んだ晴れの早朝に見られます。

宇治の冬の情景をぜひお楽しみください。

 

次回の宇治十二景は長橋暁雪をご紹介します。

 

参考:『都名所圖會4巻』

 

←「part.3 橋姫水社part.5 長橋暁雪」→

 

ヤマサン企画 マル

株式会社ヤマサン

〒611-0021 京都府宇治市宇治壱番67

0120-31-4700

受付時間:平日9:30~18:00/第一月曜定休