宇治茶とこだわり食品の専門店 京都宇治ヤマサン

ヤマサンBLOG

TOPICS

夏バテチェック!

2018年05月22日

こんにちは、マルです。

最近、暑くなったと思えば寒さが戻り、また暑くなる……、と気温差が激しい日が続いています。

なんだか身体がだるかったり、食欲がわかなかったりと、早くも夏バテのような症状が出ている方もいるようです。

◆ どうして夏バテに?

私たちの身体は、体温が上がれば発汗し熱を冷ましたりして、常に平熱(36〜37℃)を維持しています。

でも気温差があると、身体が平熱を維持しようと頑張って、どんどん疲れてしまうんです。

しかも、これから夏にかけて暑さで体温が上がると、たくさん汗をかきます。

多量に汗をかくと水分だけでなく、ナトリウム(塩分)やミネラルなど、身体の調子を整える栄養素も排出され、体内のバランスが崩れてしまい、夏バテを引き起こします。

また、たくさん汗をかいたら、水分だけでなくしっかりと塩分を取らないと、脱水症状や熱中症も引き起こす危険があります。

 

身体がバテてしまった時は、規則正しい生活と栄養のある食事、軽い運動が効果的です。

ゆっくりと入浴したり、目元や首元を温めるなどして、身体を冷やさないことも大切です。

 

◆ 夏バテチェック!

□ クーラーの設定温度をついつい下げてしまう。

□ 冷たい飲み物ばかり飲んでいる。

□ 最近身体を動かしていない。

□ ついつい夜更かししてしまう。

☑️ クーラーの設定温度をついつい下げてしまう→「大きな温度差」に要注意!

涼しいところから暑いところへ移動すると、身体はその気温に順応しようと頑張ります。

温度差が大きいと、身体への負担が大きくなり、気付かないうちに疲労がたまってしまいます。

クーラーの設定温度を調節して、身体が冷え過ぎないよう気をつけましょう。

涼しい場所でも水分補給を忘れずに!

 

☑️ 冷たい飲み物ばかり飲んでいる。→「胃腸の冷え」に要注意!

胃腸が働きやすい温度は、36℃(体温程度)といわれます。

しかし、冷たい飲料水をたくさん飲むと負担がかかり、結果、胃腸の働きが弱って食欲がなくなる……、なんてことも。

たとえ暑い日でも、常温またはそれに近い温度の水やお茶、スポーツドリンクなどを飲みましょう。

食欲がない時でも、具沢山のお味噌汁やスープなどで、水分補給と栄養をとることがおすすめです。

 

☑️ 最近身体を動かしていない。→「運動不足(体力不足)」に要注意!

運動不足の生活を続けると、気温差に対抗する力も低下してしまいます。

朝夕の涼しい時間にウォーキングをするなど、無理のない程度に運動を心がけましょう。

 

☑️ 夜更かししてしまう。→「睡眠不足」に要注意!

私たちは、寝ている間に疲労を回復します。

しかし、睡眠不足では、回復時間が減ってしまい、身体のバランスを崩しがちです。

夏はどうしても暑くて寝苦しく、睡眠不足になりやすいですが、クーラーや扇風機などを活用して眠りやすい環境を作りましょう。

 

◆ 栄養のある食事で夏バテを防ごう!

身体がバテてしまったら、しっかりと栄養や休息を取り、対抗する力をつけることが大切です。

栄養バランスの良い食事が理想ですが、具沢山のお味噌汁を作れば、たくさんの栄養を美味しく取り入れられます。


また、汗をかくとナトリウムやミネラルが不足しがちなので、「琉球黒麹酢」「姫黒糖」「黒糖しょうがパウダー」などもおすすめ!

飲む点滴と呼ばれるほど栄養たっぷりな「玄米甘酒」も、毎日続けることで効果が期待できます。

次のブログで、「黒糖しょうがパウダー」のおいしいアレンジをご紹介します!

 

琉球黒麹酢(720ml)

姫黒糖(500g)

黒糖しょうがパウダー(200g)

玄米甘酒(300g×3袋セット)

 

参考:「夏バテ」対策のススメ!(国立障害者リハビリテーションセンター)

ヤマサン企画 マル

カテゴリー | ヤマサンBLOG

株式会社ヤマサン

〒611-0021 京都府宇治市宇治壱番67

0120-31-4700

受付時間:平日9:30~18:00/第一月曜定休