宇治茶とこだわり食品の専門店 京都宇治ヤマサン

ヤマサンBLOG

blog

夏の風物詩、宇治川の鵜飼の季節となりました。

今年も7月1日(土)〜9月30日(土)まで、2人の女性鵜匠を中心に、手綱さばきも鮮やかな匠の技が披露されます。

02047

(写真協力・宇治市)

 

宇治川の鵜飼は、平安時代には既に行なわれていたといわれています。

天禄2(971)年、奈良の長谷寺に参詣した藤原道綱母は、その往復に宇治を過ぎて、川岸から鵜飼を見物しています。

道綱母が残した「蜻蛉日記」には、川幅一杯に数えきれぬほどの鵜舟が出て、それぞれにかがり火を焚き舟べりを叩いて、夜通し鮎を捕り続けている様子が興味深く書き留められています。

 

暗くなりぬれば鵜舟どもかがり火さしともしつつ、ひと川さわぎたり。をかしく見ゆることかぎりなし。(蜻蛉日記)

 

現在の鵜飼は、大正15年に再興されたもので、現在では宇治の夏の風物詩となっております。

また、「宇治公園(塔の島)の月」と「宇治橋三の間の月」が第一回全国名月サミットで「日本百名月」に認定されました。宇治の名月を眺めながら鵜飼の観覧はいかがでしょうか。

詳しい出船時間等は宇治市観光協会HPをご覧ください。

 

宇治川の鵜飼

2017年7月1日(土)〜9月30日(土)

場所:京都府宇治市 宇治川中の島付近一帯/乗船は喜撰橋畔(→Google地図

公益社団法人 宇治市観光協会:http://www.kyoto-uji-kankou.or.jp

/鵜飼のページ:http://www.kyoto-uji-kankou.or.jp/topics/ukai2017.html

交通案内:京阪宇治線「宇治駅」下車、徒歩8分、またはJR奈良線「宇治駅」下車、徒歩15分

お問い合わせ:宇治市観光協会(TEL 0774-23-3334)

お舟のご予約:宇治川観光通船(TEL 0774-21-2328)

 

※詳しい情報や日程等は上記までお問合せください。

※荒天及び天瀬ダム放流による増水時には、鵜飼が中止される場合がございます。お出かけの際はご確認ください。

 

ヤマサン企画 マル

先日ヤマサンオンラインストアに新登場した、今話題の玄米甘酒。

美容・健康に良いとされる、国産玄米と玄米麹だけで作った「玄米甘酒は、そのままお召し上がりいただけるストレートタイプです。

玄米甘酒

甘酒は、夏バテ対策や疲労回復に効果的で「飲む点滴」と呼ばれるほどビタミンB群・アミノ酸・オリゴ糖・食物繊維などの栄養が豊富です。

ヤマサンの「玄米甘酒」は、砂糖等の甘味料を一切使用しないお米のみで作る伝統的な製法で、アルコール分も完全にゼロなので、お子様や妊婦様も安心してお召し上がりいただけます。

 

そのままでもおいしい玄米甘酒ですが、毎日続けるためには、ちょっとした味の変化があるとうれしいですよね。今回は簡単にできるアレンジレシピをご紹介します!

甘酒アレンジ

•簡単!甘酒アレンジレシピ

◆抹茶をプラスして抹茶ミルク甘酒」(アイスまたはホット)

抹茶ミルク

玄米甘酒 90cc
・牛乳 90cc
抹茶 小さじ1弱

抹茶ミルクレシピ

抹茶をグラスに入れて、甘酒と牛乳を注ぎよく混ぜるだけ!牛乳と甘酒の相性はバツグンで、ほのかな抹茶の風味がアクセントに。

抹茶の代わりにほうじ茶パウダーを使うとほうじ茶ミルク甘酒」になり、香ばしい香りが楽しめます。

ほうじ茶ミルク

※ほうじ茶パウダー(ベーカリーほうじ茶)は色が濃く出ますので、お好みで分量を調整してください。

 

◆ほうじ茶をプラスして「ほうじ茶ラテ甘酒」(アイスまたはホット)オススメ!

玄米甘酒 80cc
・牛乳 80cc
ほうじ茶(茶葉) 3g(約大さじ1杯)

ほうじ茶ラテレシピ

小鍋に材料を全て入れ、沸騰させないよう弱火でじっくり温めます。茶葉が開き、甘く香ばしい香りがしてきたら火を止めて、鍋にフタをして2〜3分ほど置き、茶こしでこしながらカップに注ぎ完成です。

※茶こしでこすと玄米甘酒のお米の粒もこされてしまいますので、粒も楽しみたい場合は、茶葉をお茶パックなどに入れて煮出してください。茶こしでこす手間も減りますので、後片付けがらくちんです♪

ほうじ茶はカフェインが少ないので、夜寝る前やリラックスしたいときなどにオススメですよ。

 

◆トマトジュースで割って「トマト甘酒」(アイス)オススメ!

トマト

玄米甘酒 90cc
・トマトジュース 90cc
・レモン汁 小さじ1杯

甘酒とトマトジュースに、レモン汁を混ぜるだけ!

甘酒にトマト?とビックリする組み合わせですが、これが意外に合うんです!さっぱり爽やかな味わいは夏にピッタリ。ぜひ一度試してみてくださいね。

 

他にも、ココアや豆乳を加えたり、野菜やフルーツとミキサーにかけてスムージーにしたりと、アレンジは無限です。

基本的には「玄米甘酒:お好みの飲み物など=1:1」で割るのがオススメ。分量は調節して、お好みの味を見つけてください。

 

またお肉やお魚などを甘酒に漬け込むと、ふっくら柔らかに仕上がります

玄米甘酒は玄米と玄米麹のみで作られていますので、麹の代わりにもお使いいただけるんです。

色々な飲み方で、またお料理にも、ぜひ楽しんでお使いください。

 

ヤマサンオンラインストアはこちら↓

玄米甘酒(300g×3袋セット)

アレンジレシピに使用しました↓

有機抹茶(30g)
有機ベーカリーほうじ茶(100g)
有機釜炒りほうじ茶(150g)

 

ヤマサン企画 マル

今話題の玄米甘酒が、ヤマサンオンラインストアに新登場です!

美容・健康に良いとされる、国産玄米と玄米麹だけで作った「玄米甘酒は、そのままお召し上がりいただけるストレートタイプです。

夏はアイスで、冬はホットで。

甘酒は、夏バテ対策や疲労回復に効果的で「飲む点滴」と呼ばれるほどビタミンB群・アミノ酸・オリゴ糖・食物繊維などの栄養が豊富です。

「玄米甘酒」は、お米を飲んでるのと同じなので、食欲不振時の夏バテ回避にも役立ちます。

ヤマサンの「玄米甘酒」は、砂糖等の甘味料を一切使用しないお米のみで作る伝統的な製法で、アルコール分も完全にゼロなので、お子様や妊婦様も安心してお召し上がりいただけます。

 

夏は凍らせてシャーベットにして食べると非常に美味しいです。この暑い時期アイスばかり食べると糖分の取り過ぎを心配してしまいますが、この甘酒は砂糖を一切使っていませんので安心です!

 

お好みで生姜を加えても美味しいですよ。

ミネラル豊富な黒糖と生姜をブレンドした「黒糖しょうがぱうだー」もオススメです。

 

「甘酒が気になっているけれど、そのまま毎日飲むにはちょっと変化が欲しいかも……」「甘酒の味がちょっと苦手で……」という方のために、簡単にできるアレンジレシピを次回のブログでご紹介します!

お楽しみに!pkヤマサンオンラインストアはこちら↓

玄米甘酒(300g×3袋セット)

黒糖しょうがぱうだー(200g)

 

ヤマサン企画 マル

カテゴリー | お知らせ , ヤマサンBLOG , 新商品

株式会社ヤマサン

〒611-0021 京都府宇治市宇治壱番67

0120-31-4700

受付時間:平日9:30~18:00/第一月曜定休