宇治茶とこだわり食品の専門店 京都宇治ヤマサン

ヤマサンBLOG

blog

スムーズなお通じには食物繊維が欠かせないことは、ほとんどの人が知ってると思います。

それにもかかわらず、日本人の食物繊維の摂取量はきわめて不足しています。

ではまず、「食物繊維」とは…

→ 人の消化酵素では消化されない食品中の成分の総称です。

その「食物繊維」の素晴らしい働きぶりがこちら!

  • 大腸を掃除する
  • 便を柔らかくし量を増やして便秘を改善する。
  • 有害物質をくっつけて便として出す。
  • 血糖値の急上昇を防ぐことで肥満を予防する。
  • ビフィズス菌に代表される善玉菌のエサになる。

などさまざま!!

更には、大腸がん、心筋梗塞、感染症、呼吸器疾患など大病のリスクを下げることも指摘されています。

では、一体1日に何グラムの食物繊維をとればよいのでしょうか?

厚生労働省の報告によると、1日24g以上の食物繊維を摂取すると心筋梗塞の死亡率が低下し、反対に1日12g未満だと死亡率が上昇することがわかったそうです。

そのまま受け取るのは問題があるとしても、食物繊維をとりすぎることでリスクが増す生活習慣病の報告はないため、「日本人の理想的な食物繊維の摂取量は1日24g以上を目標」にするべきかもしれませんね。

日本人の平均摂取量が、14gですから、1日10gも不足しており、その不足量は千切りキャベツ4袋分にも相当します。

こうやってみると、現実とかけ離れていてすぐには達成できなさそう…

取り敢えずは「1日19g以上」を目標にしましょう!

(「腸図解 面白いほどわかる腸の新常識」より)

そして、より効率的に食物繊維を取るなら、いつもの白米を雑穀米にすれば、簡単に不足しがちな栄養素を摂り入れることができますよ!

雑穀には、ミネラルやビタミン、食物繊維が豊富に含まれているので、いつもの白米に混ぜるだけで、さまざまな栄養素を摂取することができるのです。

 

200種類、100兆個が生息しているという腸内細菌は、大腸にも小腸にもいますが、大腸には小腸の後半部分に対し、1000倍の腸内細菌がいると考えられています。

小腸では胃液や胆汁、酸素の影響を受けて生息しずらいのです。

腸内細菌たちにとって主戦場である大腸には、良い働きをする善玉菌、悪い働きをする悪玉菌、どちらにも加勢することができる日和見菌が存在し、日々縄張り争いをしています。

大腸にいる代表的な善玉菌は「ビフィズス菌」です。腸内で増えることで、腸内での病原菌の繁殖を防ぎ、免疫力を高めるなど体にいい働きをします。

一方、悪玉菌では有毒株の「大腸菌」や「ウェルシュ菌」がいて、数が増えると身体に悪さを働きます。

そして日和見菌には、フィルミクテス門やバクテロイデス門に属する菌がいて、善玉菌が増えると善玉菌に加勢し、悪玉菌が増えると悪玉菌に加勢します

 

 

どんな菌種がいるかは人それぞれです。100人いれば、100人が持っている腸内細菌の構成内容が異なります。

そして、腸内細菌の「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」は日々その勢力は変わっています。善玉菌、悪玉菌はどちらも2割を超えることができないと言われており、いい方にも悪いようにも加勢るする日和見菌が大事だと考えられています。

細菌に多様性があることが大事で、善玉菌が優勢の状態を保つと、美肌もヤセ体質も健康も得られると考えられています。

(「腸図解 面白いほどわかる腸の新常識」より)

 

「国産オーガニック発酵緑茶」は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスの取れた腸を取り戻すのをサポートします。

ぜひお試しください!

 

免疫力を高める為に、腸内環境を整えることをとても大切に感じている今日この頃です。

いろいろ調べていると、腸は眠っている間にメンテナンスされるそうです。

そして、人を眠りに誘うホルモンであり、強い抗酸化作用から若返りホルモンとも呼ばれている「メラトニン」

そのメラトニンの前駆体は腸内細菌がつくっています。質のよい睡眠アンチエイジングも腸内環境がカギを握っているのです!

ヒトの体は、朝日の光を浴びた15時間後にメラトニンの分泌量が上がるようになっています。

 

まず大事なのは、朝に目覚め、朝日を浴びること。そして、必ず朝食をとることです。

空っぽの胃に食べ物が入ると大ぜん動運動が起こり、排便という大事な時間がやってきます。同時におやすみモードである副交感神経から活動モードである交感神経へと切り替わり、日中がイキイキと過ごせるのです。

そして何より、腸のために気を配りたいのが夕食の時間です。

腸が活発に動く夜は、寝る2~3時間前に夕食を済ませたいので、遅くとも21時までに夕食をとり、副交感神経のスイッチを入れ、腸が活発に動く環境を整えたいもの。

夕食を早めに取りたいのは、肥満防止だけでなく、消化管の掃除を行いたいから。

夕食後8時間程経つと、胃と少腸にはぜん動運動とは別の空腹期収縮が起き、食べ物の残りかすなどを大腸の奥へと運び胃腸の清掃が始まり腸を整えます。

免疫力を高めるためにも腸内環境はとても大切です。朝日を浴びる生活で腸を元気にしてウイルス対策していきましょう!!

(「腸図解 面白いほどわかる腸の新常識」より)

株式会社ヤマサン

〒611-0021 京都府宇治市宇治壱番67

0120-31-4700

受付時間:平日9:30~18:00/第一月曜定休