宇治茶とこだわり食品の専門店 京都宇治ヤマサン

お知らせ

information

こんにちは

今回も発酵あんこを応用して
発酵あんこの葛ミルクを作りました。

牛乳に少しだけお砂糖を入れて
お子様の好みそうな優しいおやつが
できました。
ぷるんつるんと楽しんでください。

***発酵あんこ葛ミルクの作り方***
1.発酵あんこ以外の材料を鍋に入れ、中火にかけます。
とろみがでてきたら、弱火にしてへらで
20分ほど練ります。
2.発酵あんこと混ぜ合わせ、お好きな容器に
入れて粗熱をとって、冷蔵庫で冷やします。

***発酵あんこのこと***
発酵あんこが、砂糖を一切使わないのに、
甘くなるのは、麹菌に含まれるアミラーゼ
によって、小豆に含まれるでんぷんが分解
され糖になるためです。

発酵あんこの甘さは、普通の砂糖を使った
あんこの甘さの6~7割程度で、身体に優しい
自然な甘さです。
砂糖のように、食べても血糖値が急激に
上がるということがありません。

小豆は、ポリフェノールやサポニン、たん
ぱく質、食物繊維、ビタミンB群、鉄分、
カリウムなど、身体にとってうれしい成分や
栄養素をバランスよく含む健康パワーの
強い食材です。
とくに、ポリフェノールが豊富で、赤ワインの
およそ2倍程度の含有量を誇ります。
優れた抗酸化作用があり、酸化による細胞の
老化を抑える働きが期待できます。

発酵あんこを食べると、小豆と発酵食品のWの
健康パワーを得られます!!

先日、通勤途中に時計草が咲いているのを
みかけました。本当に時計みたいで可愛くて
朝から楽しい気分になりました。
時計草のことを図鑑でみてみたら、、、
『日本へは江戸時代の初期に渡来。
和名の由来は、3つに分裂した雌しべが
時計の針のように見えるところからきている。
英名はパッションフラワー(passion flower)である。
この場合のパッションは「キリスト受難」を意味する。
これは、花の形を十字架にかけられたキリストに
見立てたものである。』
とありました。
キリストの受難!ちょっと意外な別の顔に
びっくりしました。

カテゴリー | お知らせ

 

こんにちは

先日、車移動で人混みを避け、
友人と清水寺へ行きました。
平日だったので人気もほとんどなく、
密になることもありませんでした。

今年の2月に改修された舞台は
新しいヒノキの色が爽やかでいい香りが
していました。
ヒノキの皮を重ねて作られたという屋根も
青空にキレイな曲線を描いてとても美しく
その職人技に感動しました。

その日もよく晴れて暑い日でしたが
お堂に腰掛け日陰にいると涼しい風が
吹いて、久しぶりに会えた友人と
観音様に見守られ気持ちも穏やかに
とても気持ちの良い時間を過ごせました。

帰りにふと立ち寄った清水焼のお店で、
父の日のプレゼントを探すことに。
友人が選んだ、おかめとひょっとこの
湯呑が楽しい面持ちで、お茶を飲む時の
和やかさが想像され、とても楽しい
愛らしいものでした。

実はこの春に義父は他界したので、私は
プレゼントできないのですが、主人と私が
楽しくお茶を飲んでいたら義父も喜んで
くださるような気がして私も同じものを
買いました。

毎年、父の日のプレゼント選びに困って
ちょっと億劫に感じたりもしていたのに
な、、、
義父のことを思い出しながら大切に使おう

と思います。

さて、今回は発酵あんこの応用の続きで
どら焼きを作りました。
あんこがあっさりしているので、たっぷり
はさんでもペロリと食べられます。
小腹が空いたときや、フルーツと一緒に
朝ご飯にも重宝しそうです。
是非、お試しください。

***どら焼きの作り方***

1.ボウルに卵、きび砂糖、はちみつを入れて
泡だて器で混ぜ合わせる。

2.牛乳を加えてさらに混ぜ合わせる。

3.ホットケーキミックスを加えて粉っぽさが
なくなるまでさっくりと混ぜ合わせる。

4.みりんを加えて混ぜ合わせる。

5.フライパンを熱し、濡れ布巾におろして
一度鍋底を冷ます。

6.油をひいて生地を流し入れて弱火で焼く。
表面にプツプツと気泡ができてきたら裏返す。

7.弱火で30秒ほど焼き、粗熱を取る。
2枚1組にして発酵あんこを挟む。

カテゴリー | お知らせ

こんにちは
先日、友人とアジサイが見頃を迎えた三室戸寺へ
行ってきました。
50種類2万株のアジサイ。
何度見ても感動します。

今回はよく晴れていたのですが、強い日差しが
差す中、涼し気にいろんな色のアジサイが青空に
向かってのびのびと咲いていて青い空との
コントラストがとても綺麗でした。
一緒に行った子供たちが両脇をアジサイに
挟まれた道を楽しそうに歩く姿がとても
かわいくて、癒されました。

6月下旬までが見頃だそうです。
皆様も是非訪れてみてください。

 

さて今回は発酵あんこをあんみつにしてみました。
くず餅とフルーツ缶と盛り付けて黒蜜を
かけてみました。
あんこの甘味が優しいのでフルーツの甘味を
邪魔せずとても美味しかったです。
食べてみて、いちごやバナナなど生のフルーツと
合わせた方がもっとヘルシーで美味しかったの
ではと思いました。

皆様も是非お好きな具材と楽しんでみてください。

***発酵あんこのこと***
発酵あんこが、砂糖を一切使わないのに、
甘くなるのは、麹菌に含まれるアミラーゼ
によって、小豆に含まれるでんぷんが分解
され糖になるためです。

発酵あんこの甘さは、普通の砂糖を使った
あんこの甘さの6~7割程度で、身体に優しい
自然な甘さです。
砂糖のように、食べても血糖値が急激に
上がるということがありません。

小豆は、ポリフェノールやサポニン、たん
ぱく質、食物繊維、ビタミンB群、鉄分、
カリウムなど、身体にとってうれしい成分や
栄養素をバランスよく含む健康パワーの
強い食材です。
とくに、ポリフェノールが豊富で、赤ワインの
およそ2倍程度の含有量を誇ります。
優れた抗酸化作用があり、酸化による細胞の
老化を抑える働きが期待できます。

発酵あんこを食べると、小豆と発酵食品のWの
健康パワーを得られます!!

カテゴリー | お知らせ

株式会社ヤマサン

〒611-0021 京都府宇治市宇治壱番67

0120-31-4700

受付時間:平日9:30~18:00/第一月曜定休