宇治茶とこだわり食品の専門店 京都宇治ヤマサン

お知らせ

TOPICS

お茶の話

2021年05月27日

 

先日、京都府相楽郡和束町にあるお茶畑と
荒茶を作っておられる工場の見学に伺いました。

京都のお茶畑は山の一部を切り開いて作られています。
山の木々と段々になっている茶木の緑が濃くとても
きれいでした。

新茶の季節ですので、工場の方は朝早くからフル活動!
お茶の葉は摘んだ後酸化が始まるため酸化を避けたい
種類の加工は時間との勝負ですぐ加工にうつらなければ
なりません。

葉を蒸して乾燥させて揉んで乾燥させていろんな工程を
沢山経て荒茶が出来ます。

そこから製茶工場へと運ばれて、また選別や乾燥、
粉砕など多種の工程を経て、やっと製品となるお茶が
出来るそうです。

また、製茶工場では茶師と呼ばれる方が茶葉の色、
香り、味を五感を使って色々な畑のそれぞれの茶葉の
個性を見極めて苦み・渋み・甘み・旨みのバランスの
いいブレンドを作っているそうです。

茶師の方の経験や熟練もそうですが、お茶の木の栽培、
製茶する工程、条件、機械の開発など、これまでお茶作りに
携わってきた方々の熱意や努力を感じました。

また今回、お茶を栽培、荒茶をつくられている工場の方や
製茶工場の方にお話を伺いましたがどちらの方も
お茶の茶葉をとてもやさしく慈しんでおられるのが、
お話や茶葉を持つ見る姿から見受けられて茶葉への
愛情を感じてとても感動しました。

後日有機栽培をされている割合を調べてみたら、野菜で

全体の0.4%しかないのに対し、お茶は6%!ここにも

より安全な物を良いものをとお茶農家さんの熱意を感じました。

 

普段何気なく飲んでいるお茶にこんなにいろいろな方の
ご苦労や愛情が込められていたんだと思うと、一杯の
お茶がとても大切で美味しく感じそうです。

 

カテゴリー | お知らせ , ヤマサンBLOG

株式会社ヤマサン

〒611-0021 京都府宇治市宇治壱番67

0120-31-4700

受付時間:平日9:30~18:00/第一月曜定休