宇治茶とこだわり食品の専門店 京都宇治ヤマサン

お知らせ

TOPICS

とろぉり!豆乳塩麴!

2021年07月5日

こんにちは

我が家のお向かいさんの庭は、いつもお花がいっぱいです。
時々、株や切り花を分けてくださって、育て方を教えて
いただいたりしています。
先日、休日の早朝にインターフォンがなって出てみると
お向かいさんが興奮気味に『咲いたよ!』とのこと。
すぐ散ってしまうから早く早くと、パジャマのまま
ついていくと花器に活けられた30㎝ほどあるでしょうか、
木蓮に似た白い大きな花が綺麗に咲いていました。

この花は泰山木(タイサンボク)という木の花で、
樹高が20mにもなるそうで木に咲いていると高すぎて花が
よく見えないそうです。

大きいけれど穏やかな優しい雰囲気を醸し出す貴重な花に
お向かいさんと一緒に癒され素敵な朝になりました。

さて、今回は豆乳塩麴に挑戦しました。
豆乳塩麴は、塩麴を水の代わりに豆乳で作ったものです。
まろやかでとろっとしており、チーズのような味わいです。
漬け込みに使うとお肉が柔らかくなり、クセのあるお肉や
ジビエ料理、お魚料理の臭み消しにも使えます。
お塩の代わりに色々と使えますが、来週から3週にわたって
応用レシピをお届けしたいと思います。

***豆乳塩麹の栄養のこと***

豆乳塩麹は、豆乳と塩麹の両方の健康効果があります。
麹の整腸作用や美肌・アンチエイジング作用に加え、
豆乳に含まれているイソフラボンには、女性ホルモンが
多すぎれば減少させ、不足していれば補うという働きが
あります。
そのため、「乳がん」の予防作用があるとされています。
また、骨粗鬆症の予防にも役立つことが期待されています。

豆乳には、レシチンという、細胞膜をキレイにする働きを
持つ物質も含まれています。
血中のコレステロールや悪玉コレステロールを低下させる
作用があり、生活習慣病の予防につながると言われています。
さらに、豆乳の大豆タンパク質が体内で吸収、分解される
のに時間がかかるため、満腹感が得られやすく、
間食予防につながりダイエット効果も期待されています。

***豆乳塩麴のつくり方***

1. 米麹と塩をよく混ぜておきます。
2. 1に40℃程度に温めた豆乳を注いで、よく混ぜます。
3. ヨーグルトメーカーに入れ、56℃で6時間発酵させます。
4. 3を舐めてみて、麹の甘みとチーズのような風味が出て
いたら出来上がりです。

私はヨーグルトメーカーを持っていないので、前回の
発酵あんこのつくり方と同様に炊飯器の保温で6時間
発酵させました。蓋はあけたまま濡れふきんをかけて
おきました。途中水分がなくなりかけたので40℃に温めた
豆乳を200ml追加しました。

冷蔵庫保存で1週間程度で使い切ってください。

 

 

株式会社ヤマサン

〒611-0021 京都府宇治市宇治壱番67

0120-31-4700

受付時間:平日9:30~18:00/第一月曜定休